ご質問や詳しい情報は、各団体のホームページ、または連絡先へお問い合わせください。

団体名 NPO法人 こころ塾
代表者 村松つね
主な活動場所 愛媛県下全域
主な活動内容 こころの健康保持・増進に係る活動
参加してほしい人 うつ病患者、その家族と支援する人
連絡先 089-931-0702
ホームページ http://www.kokorojuku.net/

NPO法人こころ塾はこんなところです!!
うつ病の方やその家族の方だけでなく、こころの元気がなくなってしまった人の相談を、一年間に1000件以上受けています。
誰かに聞いてもらうだけでも楽になることがあるものです。
相談を受ける私たちは、個人情報保護には細心の注意を払って取り組んでいますので、子育てのことや家庭と仕事の両立や家族のことなど何でも安心してご相談ください。
松山市の社会資源を活用してネットワークであなたを支援します。


うつ病での自宅療養は、
孤独感と不安感を伴い
ます。うつ病と闘う他
の仲間との交流は、回
復への力となります。
また、うつ病患者家族
の方にとっても、他の
家族との思いの共有や
情報交換は、心の支え
になります。

うつ病のこと、家族のこ
と、仕事のことそのほか
気になっていることを
気軽に相談してくださ
い。こころ塾がお手伝い
できることを一緒に考
えます。

うつ病に関する正しい
知識と医療・福祉に関
する情報を学び、うつ
病からのスムーズな回
復と再発防止の力をつ
けます。
また、家族や一般の方
も共に学び、支援者と
してのレベルを図ります。

うつ病による自宅療養
から職場復帰に向けて
生活リズム・体力・作業
能力などのリハビリテー
ションを行います。

眠れない、疲れが取れ
ないなど,こころが少し
疲れていると感じたと
きは、早めの対処が大
切です。リラクゼーショ
ン法を学び、心と体の
健康を維持してくださ
い。



団体名 チャイルド・オレンジ・ネットワーク
代表者 宮内統代
主な活動場所 松山市・愛媛県内
主な活動内容 子ども虐待予防の啓発活動・予防教育
子育て支援ための子育て支援者のネットワークづくり&スキルアップ研修
参加してほしい人 子育て支援に関わる専門職&地域の子育て支援
連絡先 chionet2009@yahoo.co.jp
ホームページ http://ehime-abuse.main.jp/

チャオネット(NPOチャイルド・オレンジ・ネットワーク)とは
①妊娠期・乳幼児期の子育て家庭を対象にした親子サロン ※泣き声・抱っこ・遊び方講座等
②小学生以上の親を対象にしたペアレントトレーニングを開催
③子育てがちょっと楽になる関わり方の体験講座や情報交換会
④子育て支援者のスキルアップ ※子育て講座支援者も孤立したり、ストレスを抱えることがあります。
支援者同士が互いの活動で得られたアイディアや工夫、課題についての意見交換、支援力をアップさせる研修会を開催しています。

ママやパパの努力とは別の問題で子育てがしんどくなることがあります。
例えば、産後うつの症状です。産後のママの多くが些細なことにイライラしたり、気持ちが沈んだり、体のだるさを感じます。
チェックリストの10の質問に5つ以上あてはまり、その状態が2週間続いたら、産後うつの可能性があります。
出産後、ホルモンバランスの変化により、3人に1人が経験していますが、まだ十分に知られておらず、一人で苦しんでいることもあります。
早く、医療機関を受診してみましょう。症状はかなり改善できます。



団体名 NPO法人 家族支援フォーラム 夢ポケット
代表者 米田順哉
主な活動場所 夢ポケット2F(姫原)
主な活動内容 児童デイサービス(知的障害児)
参加してほしい人 子ども達と遊んでくれるボランティアさん募集中です!
連絡先 089-924-8989
ホームページ http://www.h7.dion.ne.jp/~kazoku/

NPO法人家族支援フォーラムはこのような活動をしています。
友達と楽しく遊んだり、活動に参加して、経験を積んでいく中で、「面白い」とか「やってみたい」という積極的な想いを引き出すことを目的にしています。
そのために、一人ひとりの子どもにじっくり向き合い、本人のペースに合った関わりを大切にしています。

「調理・外出・ゲーム・教室(体操・ラグビー・茶道・社交ダンス)」などの活動をしています。
「楽しむ」ポイントはそれぞれで、「教室活動の先生に会いたい」「みんなと一緒で楽しい」「上手にできるようになりたい」など様々です。
また、活動に積極的に参加できない子どもたちも、そっと様子を見にきたり、「不安いっぱい・・・でも挑戦してみよう!」という姿が見れて微笑ましいです。
そんな素敵な子どもたちと一緒に成長していきたいです。



団体名 ダンボクラブ (愛媛県高機能自閉症・アスペルガー症候群親の会)
代表者 深井浩枝
主な活動場所 愛媛大学、松山市総合福祉センターほか
主な活動内容 発達障害の子ども及びその家族への支援事業
参加してほしい人 会員 : 発達障害の子どもを持つご家族  ボランティア : 発達障害に関心のある方
連絡先 089-965-2593
ホームページ http://www.normanet.ne.jp/~danbohp/

ダンボクラブの活動内容
ダンボクラブは松山市を活動拠点とし、高機能自閉症・アスペルガー症候群を中心にADHD( 注意欠陥多動性障害)・LD( 学習障害) 等の発達障害の子供を持つ親が集まり、
活動しております。
会の目的は子供達が豊かな自立生活を送れるよう生涯支援を行う為に、家族を中心に専門家およびボランティア( 障害児教育)・学校OB・福祉関係者のご支援も頂いております。

①社会参加に向けたスキル活動(ソーシャルスキルトレーニング)
②年間行事:バーベキュー、クリスマス会、ボーリング、地曳網等
③専門家と保護者会の定期相談会
④ダンボ通信の発行
⑤講演会・シンポジウムの開催
⑥調査研究および情報収集活動
⑦会員相互の情報交換会、専門家による講話
⑧ボランティアの育成
⑨青年部:ソーシャルスキルトレーニング
⑩成人支援部:保護者会の開催
⑪学校側対応事例集「先生、ありがとう」「先生、ありがとう2」の販売
〒790-0003 松山市三番町6 丁目4-20 コムズまつやまNPO サポートセンター内 TEL:089-943-5790 FAX:089-943-5796
Copyright © 2012 まつやま子育て支援NPO協議会 All Rights Reserved.